BODYPLUS GROUP

サプリメント

I am Legend 高級トレーニングドリンクC3Xスーパーチャージドの生い立ち

WRITER
STAFF

HALEOブランドの誕生

 

このコンセプトの実現に成功して数年後、前CEOは転職を決断したので、私はすぐ彼の株を買い取り、製品の製造の下請けをしていたメーカーと新しいパートナーシップを再構築した。非常に効果的だったオリジナルフォーミュラを持ち越し、少しのアップグレードを加えてグルタシンはHALEO C3(コア3)となり、ナイトロミンはHALEO E8(エッセンシャル8)となった。

C3X革命

 

さて日本のボディプラスに話を戻そう。ボディプラスもまた宣伝費にあてる予算は最低限しかなかったが、C3の効果のうわさは野火のように広まっており、毎日のようにジムから取り扱い申し込みや問い合わせの電話が後を絶たなくなった。この時点で、当社のユニークなメッセージと製品をより多くのアスリートに届けるためには、C3はただ通販カタログからしか買えないのではなく、店頭やジムに置く必要があることはもう明白であった。

しばらくはC3のバルク輸入に手を出し、これで製造プロセスについて多くを学んだが、私が100%自信を持てるC3の製造へのインプットやコントロールができないというフラストレーションも大きかった。その時、原料調達から味付け、ブレンディング、パッケージング、品質管理検査までC3製造の全過程を完全にコントロールできるためには、このフォーミュラを日本で自分たちの手で製造する他ないと悟ったのだ。

長いリサーチ期間の後、私はたまたま世界最大のアミノ酸メーカーと出会うことになった。幸いにもその時の担当者は当社を信頼してくれ、国産C3フォーミュラ製造に協力してくれることになった。そのメーカーから私は、高度にコントロールされた品質管理基準のもとに天然に製造された製品と、中国から流れ込んでいる化学的に抽出した非常に安いアミノ酸との安全プロフィールの驚くべき差を学んだ。

時を同じくして、商標バイオペリンという成分の特許を持つ会社に勤めるアメリカの友人からの連絡で、このユニークな生物活性物がBCAAを消化菅から血流に取り込み、C3のマジックが作用する筋肉に届ける輸送を増大するという新しいデータを受け取った。端的に言うと、バイオペリンの生物活性物質はGI管からのアミノ酸取り込みを促進する、グルタミルトランスペプチダーゼと呼ばれる酵素を刺激することが知られている。
HALEO R&Dチームは、アスリートが毎日の普通の食事量以上に摂取する栄養素の消化や代謝に関与する様々な共同因子や酵素のサプリメントの摂取は有益であるという考え方が一致している。これは栄養素の消化、輸送、吸収に関与する酵素の量が、アスリートが必要とするサプリメントや食事の量の多さに比べて限られているからである。データを検討し、ベータテストをいくつか行った結果、初のBCAAトランスポートシステムが開発され、C3はC3X(コア3エクストリーム)として生まれ変わったのだ。

パワーとスタイルがさらにアップ - C3Xスーパーチャージド


3年前に国内製造を始めて以来、C3Xは最高の品質、テクノロジー、精巧さを追求するHALEOブランドを代表する目玉商品となった。

C3Xの素晴らしい評判と愛用してくださるリピートユーザーの皆さんのお陰で、最新のテクノロジー、研究、理論を導入した多くの革新的フォーミュラを開拓することができた。しかし、HALEOでは新製品発売当日でさえ、研究チームは最新の研究をくまなく調べ、新しい栄養素、用量、比率、タイミングなどの実験を行っている。アスリートのために最も効果的な方法を発見するための努力を怠らないのである。一見、パーフェクトなC3Xでも、最も新しい研究や理論、実世界での実践によって、まだまだ抗カタボリック&アナボリックパワーをパワーアップする方法があることが明らかにされているのだ。
ここしばらくアミノ酸分野の研究者たちの間では、3つのBCAAに起因すると考えられている抗カタボリック&アナボリック作用のすべてと言わずとも大部分が、1つの主要アミノ酸「ロイシン」によって直接調節されていることがわかっていた。1999年に遡り、ティプトンとウルフが行った、EAAがウェイトトレーニング後のタンパク質合成に及ぼす影響に関する画期的研究では、「ロイシンは修復と成長に主要な機能を持つため、取り込みが最も大きい。EAAミックスの効果は、ほとんどあるいは全体的にロイシンのみを介するため、ドリンクの組成を調節することにより、アナボリック反応を高めることが可能であろう」と結論している。以来、HALEOのR&Dチームによりエリートアスリートを対象に多くの研究やテストが行われ、その大部分はエリック・セラノ博士の尽力によるが、今日C3Xのスーパーチャージドバージョンとして実現した。

C3Xバージョンにはロイシンを2倍配合しただけでなく、その秀でたパワーのデリバリーは、大きく改善されたフレーバーシステムによりさらに優雅なものになった。トレーニングセットの合間に摂るC3Xは爽やかで、筋肉づくりと疲労回復の促進は一層楽しいものとなったのである。

C3Xヒストリー早見表:

1997 : C3Xの最初のプロトタイプが、今はなきスポーツサプリメントブランド、アドバンストジェネティックス社の「グルタシン」の名のもとにアメリカで誕生。 

1998 : 
現行HALEO R&Dチームメンバー、エリック・セラノ博士と共に、アメリカのスポーツサプリメント会社、「Premier Research & Development (PRD)」を設立。
: グルタシンとナイトロミン(業界初のEAAサプリメント。今日のハイパードライブの最初のプロトタイプ)を発売。

1999 : ティプトン等による画期的研究が、ウェイトトレーニングに伴って摂取したナイトロミン(ハイパードライブ/EAA)のパワフルな筋肉生成作用を臨床的に立証。

2002 : HALEOブランドをアメリカで設立。グルタシンとナイトロミンフォーミュラはそれぞれコア3(C3)及びエッセンシャル8(E8)と改名。

2004 : HALEOジャパン設立。C3を輸入、全国販売を展開。

2005 : C3にトランスポートシステムを配合してアップグレードし、C3X(コア3エクストリーム)と改名。C3Xは5種類のフレーバーができ、世界最大の天然アミノ酸メーカーとタイアップして国内製造を開始。

2006 : ワークアウト中のC3XサプリメンテーションをサポートするHALEOスクイーザー発売。

2007 : TSP承認。C3Xは厳格なTSP品質管理ガイドラインの下に検査の結果、禁止物質汚染物を含まないことを証明。
エリック・セラノ博士、チャールス・ポリクインがアメリカにて、チャールス・ポリクイン独自ブランドの下に高用量ロイシンBCAAフォーミュラ(4:1:1)を一般化する。

2008 : パワーアップした新製品C3Xスーパーチャージド発売。改良フレーバー7種類。

今後 : 著名なイギリスの研究所との合同R&Dにより、C3Xその他のHALEOアミノ酸ベースフォーミュラのための期待できる持続デリバリー新テクノロジーの開発。

1 | 2

PAGE TOP

Mail Mag

アスリートのレベルアップには欠かせない最新サプリメントニュース満載のボディプラスメールマガジンにぜひご登録下さい。
メルマガ登録はもちろん無料!
さらに、メールマガジンに登録すると、2つの記事が無料でダウンロードできます!

1) サプリメントをもっと知ろう!ラベルの見方
サプリメントをもっと要項に使うために知っておくべきこと
2) インチキサプリメントにだまされるな!
効果のないサプリメントでもう二度とお金をムダにしないために

メールマガジンのご登録はこちらから

Partners

HALEO IGNITE

Approved Brands

  • BODY PLUS USA.COM
  • BULK SPORTS
  • BODY PLUS BBS
  • HALEO

Approved Items

    • BIG WHEY
    • CREA VOL