BODYPLUS GROUP

サプリメント

ボディビルディングサプリメントとしてのクルクミン?

WRITER
David Halton

クルクミンは黄色がかったオレンジ色の水溶性のパウダーです。
乾燥ウコン(Curcuma longa)の根から抽出されたもので、マスタードやカレー粉の色はこれからきています。ウコンにはクルクミノイド(クルクミン、デメトキシクルクミン、ビスデメトキシクルクミン)と呼ばれる物質が含まれています。

クルクミンはその抗炎症、抗酸化、コレステロール低下などの作用が研究されています。特に非ステロイド系の抗炎症作用は筋力の発達と筋量増加に役立つ可能性があるため、興味深いものです。クルクミンは何世紀にもわたって炎症の治療に使われてきました。伝統的インド医学アユールベーダではよく知られています。

クルクミンは毒性がほとんどないため、現在ではその抗炎症メディエータとしての幅広い作用が研究されています。クルクミンはひとつには組織の破損に続く白血球細胞の動員を抑えて機能することが研究で明らかにされており、別の研究では数種の異なる炎症タンパク質や複雑な生化学経路を抑制することも分かっています。更にクルクミンは良い意味で遺伝子に影響することが実験データで示されているのです。このようにクルクミンは炎症によって誘発された組織の分解の亢進を阻む効果があるため、関節の健康に良いサプリメントとなります。

骨格筋はトラウマ、バクテリアやウィルス感染、手術などによる組織損傷がおそらく最も起こりやすい部位でしょう。ウェイトリフティングは実は「制御された組織損傷」ということになり、ハードコアのビルダーならよく知っていることながら、高強度のレジスタンストレーニングは骨格筋損傷を誘発します。

興味深いことに、クルクミンは組織損傷後筋生成を刺激するというエビデンスがあります。抗炎症剤がどうして筋成長のサポートとなるのかもう一つよく飲み込めないなら、炎症の度合いが低下すると筋肉の回復がスピードアップするため、トレーニングをより効率的に行うことができるようにると考えると分かりやすいでしょう。

Joint Aid.JPG 

このようにクルクミンは関節などの結合組織治癒と修復を促進する素晴らしい成分であるだけでなく、ウェイトトレーニングに2次的に起こる筋成長のプロセスを実際に促進することも研究で明らかにされているのです。

もう一つ筋肉分解の抑制とアナボリックプロセス促進が期待できるアユールベーダの薬草はシッサスというのも興味深い点です。シッサスにはカルシウムも豊富なため、何千年にも亘って骨の治癒の目的に使われてきました。高品質のクルクミンエキスとシッサスの組み合わせは、EAAHALEOハイパードライブなどの筋肥大に特異的なサプリメントに加え、筋肉の回復と成長に効果の相乗的なバーブブレンドとして大いに期待できそうです。

HALEO ジョイントエイドには研究で立証された用量のクルクミン(活性成分含有量最大)とシッサスが含まれています。

Mail Mag

アスリートのレベルアップには欠かせない最新サプリメントニュース満載のボディプラスメールマガジンにぜひご登録下さい。
メルマガ登録はもちろん無料!
さらに、メールマガジンに登録すると、2つの記事が無料でダウンロードできます!

1) サプリメントをもっと知ろう!ラベルの見方
サプリメントをもっと要項に使うために知っておくべきこと
2) インチキサプリメントにだまされるな!
効果のないサプリメントでもう二度とお金をムダにしないために

メールマガジンのご登録はこちらから

Partners

HALEO IGNITE

Approved Brands

  • BODY PLUS USA.COM
  • BULK SPORTS
  • BODY PLUS BBS
  • HALEO

Approved Items

    • BIG WHEY
    • CREA VOL