BODYPLUS GROUP

フィジカルトレーニング

世界一危険な男〜「マーク "ザ・ハンマー" コールマン」 インタビュー

WRITER
デービット ホルトン David Halton
ironman.jpg

※編集者注:この記事は月刊アイアンマンマガジン2001年7月号(No.132)に掲載されております。また、このインタビューは2001年3月6日に行われたものです。

インタビューは下記略称にて掲載。

MC: マーク・コールマン
DH: デービッド・ホルトン(インタビューアー)

はじめに

初めてマーク・コールマンと会見する前、正直言って少なからず心配だった。この男が、強烈、且つシステマチックに世界屈強の男達をなぎ倒しているのを見て、おのずと不安感を覚えたからだ。会ってみるとそんな心配は無用で、マーク・コールマンは言葉使いも上品で表現力豊かな36歳。結婚して二児の父親でもある。見識があって思慮深く、全ての点で紳士だった。僕が最に抱いた彼の人格判断を伝えると、「狂暴な精神異常者だなんて思わないで欲しいな。僕はプロのアスリートで家族を養うためにホントに一生懸命働いてるんだよ。」と言われてしまった。

インタービュー

DH:ノーホールズバード(NHB) ファイティングに入ったきっかけは?

mark_first.jpg

写真の使用許可:
www.sherdog.com

MC:子供の頃はフットボール、野球、それにレスリングをよくやった。父親がレスラーで、僕は10歳の時にレスリングを始めたんだ。小さい頃から僕は競争心が強くて、チームで一番でなきゃ気が済まなかった。レスリングは個人競技だから、強くなるのにチームメンバーに頼らなくても良い点が僕の気に入ったんだね。 格闘技を始めたのは1996年。それまで7年程も UFC (Ultimate Fighting Championship アルティメート・ファイティング・チャンピオンシップ)をテレビで見ていて、やってみたいと思ってはいたけど、アマチュア・レスラーのキャリアを重視してはまり込んでいたんだ。1996年にオリンピック予選の準決勝戦で敗れてしまったが、その30日後にUFCから誘いがかかり、受け入れることにしたんだよ。それで数ヶ月のうちにオリンピックレスラーからNHBファイターに 早変わりしたって訳さ。

DH:DH:そんなに速く順応するなんて一大変化だったね。

MC:そうさ。全然違うスポーツなんだから。実際、僕の最初のファイティングはUFC10で、その夜は3回試合をしてチャンピオンになった。当時他のUFCファイターに対して優位の差を付けたのは僕の受けた秩序正しい訓練のためだったと思うよ。それがこのスポーツのレベルアップに貢献した。たった一ヶ月のトレーニングでトーナメントに優勝したんだから、うまく順応したって言えるだろうね。

DH:試合に当たってのゲームプランは?

MC:振り返って思えば、あまりテクニックなんて持ってなかったよ。基本的にレスリングの技能を使って相手を落とし、相手が降参するまで頭突きとパンチの組み合わせに頼っていただけだった。頭突きが禁止になるまではこのゲームプランは非常に有効的だったね。今じゃ頭突きは反則だから、もっと戦略とグラップリングを使うことを余儀なくされてるけど、これはこのスポーツにとっては良いことだと思ってるよ。

DH:UFC10で接戦した相手はいる?

MC:身体の部分で傷めたのは手だけだったね。僕はどの相手よりも身体がずっと大きく、力も強かったんだ。ビッグ・ダディ・グッドリッチ(ゲーリー・グッドリッチ)を7分位でタップアウトさせて、続いて時のチャンピオン、ドン・フライを11分で負かした。

DH:日本のプライドとの関係のキッカケは?

MC:UFCで優勝してからプライド側から連絡があったんだ。新しい格闘相手で自分の技能を試す機会でもあり、以前から行ってみたかった国に旅行するチャンスでもあったから待ってましたとばかり飛びついたよ。

DH:毎回試合や格闘相手、それぞれに合わせてどんな準備をするのかな?

MC:特別に特定の相手を意識したトレーニングはしない。ただ、自分の弱点に焦点を当てて集中するだけさ。格闘技を始めた頃は、まだ他の格闘テクニックを受け入れる気がなくてレスリングとウェイトトレーニングだけに絞っていた。今じゃ、できるだけ多彩な人達から、できる限り多くを学んで自分の弱点に焦点を当てるトレーニングしているよ。立ち技を磨く為にもボクシングやマイタイキックボクシングもやってるんだ。 次の試合の相手のビデオを観ることもあるけど、僕はそういう物に余り頼らない様にしている。このスポーツじゃ、ファイターは常に変化し、改善して行くものと期待しているからね。ファイターは毎回の試合に臨んで、スタイルを変えて行かなくてはならないんだ。

DH:他のファイターと一緒にトレーニングしたことはある?

MC:幸運なことに、僕にはこのスポーツ界でベストと言われる人達から一緒にトレーニングしてお互いから学ぼうという申し出がたくさん来るんだ。その中で一緒にトレーニングしたのは、ケン・シャムロック、ジェイ・ボウランダー、それにジェレミー・ホーンなど、技能の確かな連中だね。最近じゃ、ビッグ・ダディ (ゲーリー・グッドリッチ)がギルバート・アイブルとの試合に備えるのに、グラウンドワークとレスリングの技を一緒にトレーニングしたよ。相手は世界一危険なキックボクサーだからね。

DH:残念ながら君から学んだはずのグラウンドテクニックは見ることができなかったね。

MC:正直言ってかなりイライラさせられたよ。最初のゲーム プランに全然従わなかったんだから。すぐさま素早く動いて相手を落とす計画だったんだが、リングに上がったとたんにゲームプランなんか役に立たなくなることだってあるんだよ。ビッグ ダディはちっとばかり近寄りすぎたんだね。スネで一蹴りされりゃノックアウトだよ。

1 | 2 | 3

PAGE TOP

Mail Mag

アスリートのレベルアップには欠かせない最新サプリメントニュース満載のボディプラスメールマガジンにぜひご登録下さい。
メルマガ登録はもちろん無料!
さらに、メールマガジンに登録すると、2つの記事が無料でダウンロードできます!

1) サプリメントをもっと知ろう!ラベルの見方
サプリメントをもっと要項に使うために知っておくべきこと
2) インチキサプリメントにだまされるな!
効果のないサプリメントでもう二度とお金をムダにしないために

メールマガジンのご登録はこちらから

Partners

HALEO IGNITE

Approved Brands

  • BODY PLUS USA.COM
  • BULK SPORTS
  • BODY PLUS BBS
  • HALEO

Approved Items

    • BIG WHEY
    • CREA VOL