トレーニング
カロリーカウンター.
最新号 バックナンバー CBTエキスパート ベーシック メッセージボード メールマガジン オンラインショッピング
今明かすロシア、インド伝統パフォーマンス強化成分の秘密
By HaleoSports リサーチチーム 

ストレス撃退、ホルモン安定、そしてパフォーマンス向上、何世紀も昔からのアダプトゲンで毎日のストレスに適応し、パフォーマンスを高めてフィジークの改善を!

ストレスの多い環境にさらされることによって生じる否定的な感情やストレスは誰でも経験しているはず。でもストレスが体全体に影響を及ぼし、免疫系から筋肉に至るまですべてに支障をきたすことは知られていないかも知れません。実際、医学ではストレスがうつ病をはじめ、多くの病気の一番の原因であると考えられています。アメリカでは2700万人以上がうつ病を患っており、そのうち何と1700万もの人たちが抗鬱薬のお世話になっています。
現代の私たちのライフスタイルでは、ストレスを避けられないのが厳しい現実です。ストレスの大きい仕事(体内に目に見えない損傷を与えます)を終えても、リラックスできる家に帰るには人ごみをわけて満員電車にもまれ、家に帰ると携帯のベルがなり、テレビをつければ悪いニュースばかり。全くストレスづくめです。こうした悪循環を続けるうちに体はストレスに圧倒され、個人差はあるものの症状の発現を避けることはできません。それは頭痛であったり、ジャンクフードへの食欲だったり、胃の痛みや潰瘍であったり、うつ病やもっと不幸な場合は心臓発作や脳卒中であったりします。

ストレスを避けることは無理ですが、自覚の有無に関わらず、我々はストレスに対処しているのです。例えばタバコを吸ったりアルコールやコーヒーを飲むのもそうです。またエクササイズや瞑想などもっと有益なテクニックを用いる人もいます。これらはストレスに対処する一般的な方法で、健康に良いもの、明らかに悪いものもあります。もう一つの方法として、インドなどのアジアの国々や東欧諸国で何百年もストレス撃退とパフォーマンスの改善に使われ、効果を上げてきたものが伝統的医薬です。そしてその中でも特に役立つものが現在、総括的にアダプトゲンと呼ばれているものなのです。


ストレスと体内の故障

ストレスが体中に及ぼす破壊的影響に対処するためのアダプトゲンの利用法を説明する前に、アスリートであってもなくてもストレスが誰もの第一の敵である理由を知る必要があります。どんな形であれ、ストレスにさらされると体は典型的な反応をします。この反応は会社に遅刻しそうな時でも山でのハイキング中、熊に出会った時でも同じです。例えば電車に乗り遅れたとしましょう。そして重要なミーティングに20分も遅れたとします。その時、体内では次のような事態が起こっています。まず自律神経系の交感神経枝が活性化します。これが副腎にアドレナリンとノルアドレナリンのホルモンを放出させ、体も精神も増速状態となり、危険から逃避するか敵と戦うかの準備状態(闘争・逃走反応)に入ります。そして脳の視床下部から副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF)が放出され、これが下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を誘発、そしてACTHは副腎皮質からコルチゾール(カタボリックホルモンとして最もよく知られる)の分泌を誘発します。

これらのストレスホルモンは緊急事態を乗り切るのを助け、ダイエット期などには有益な場合もありますが、ペースが速くストレスの多い現代人のように特に慢性的に長期にさらされ続けると非常に有毒な欠点もある両刃の剣です。長期にわたりストレスと受け続けると例外なく問題が起こります。そうなるとストレスホルモンのレベルをモニターする視床下部のセンサーの感受性がホルモン受容体感受性の低下によりわずかに低下します。要するに体はストレスホルモンの増大を感じ、それに適応するために受容体の感受性を低下させるわけです。都合の悪いことに、この受容体感受性が低下すると体は慢性的にストレスホルモン漬けとなり、臓器、組織そして生理的な消耗を増大することになります。アドレナリン/コルチゾールの過剰は心臓発作、脳卒中、骨密度減少、免疫系の弱体化、体重の増加や減少、過食や食欲不振、記憶力喪失、不眠、潰瘍、皮膚の老化などの原因になります。


アダプトゲンの登場


前述したとおり、アダプトゲン効果を持つハーブは何百年も、時には何千年も利用されてきました。しかしごく最近までアダプトゲンの効果のメカニズムは世界中のほとんどの伝統薬同様、明らかにされていませんでした。ところが第二次大戦中、ソ連政府が兵隊の疲労克服と戦場でのパフォーマンス改善に役立つ物質を見つけるための研究に資金を投入した時から事態は変化しました。ソ連軍は兵隊の生産性と戦場でのパフォーマンス向上に効果のあるいくつかの薬物とアダプトゲンを発見したのです。その後ソ連は政府スポンサーの運動プログラムが崩壊した後、オリンピック選手のために薬物を含まない代替物としてアダプトゲンの研究を続けました。そして1969年、ソ連の研究者、ブレックマンとダルディモフがアダプトゲン物質の基準を正式に定義したといわれています。現在アダプトゲンとは3つの重要な基準を満たす植物抽出物と定義されています。

1) アダプトゲンは無害でなくてはならず、正常で健康な生理的機能に有意な害を与えるものであってはならない。
2) アダプトゲンの活性は非特異的で、様々な化学物質の多岐にわたる身体的または生物学的な有害効果への抵抗力を高める。
3) アダプトゲンは、病理学的異変を正常化する効果を有するものでなくてならない。変動数(血圧、心拍数、血糖値など)が亢進するとアダプトゲンはそれを低下しなくてはならず、それらが低下すると正常値まで高めるものでなければならない。


助っ人アダプトゲン


アダプトゲンは、3つのアプローチで過剰ストレスへの抵抗力と精神的および身体的パフォーマンスを改善します。

コルチゾールレベルの低下
アダプトゲンの最も大きな作用は、視床下部受容体の感受性を自然に回復する効果だと考えられています。ダウンレギュレートしたコルチゾールなどのストレスホルモンと結合する受容体が再びアップレギュレートされて感受性が回復すると、コルチゾールその他のカタボリックホルモンの必要が低下し、正常レベルにもどります。こうしてアダプトゲンはホメオスタシスを長期に維持することを可能にします。異常に高いストレス下にあっても、ホメオスタシスに支障をきたさなければパフォーマンスが損なわれることはありません。

機能の正常化
アダプトゲンの二つ目の有益効果は正常化の作用です。例えばストレスで血圧が上がる人もいます。また反対に下がる人もいます。血糖についても同じことで、ストレスで血糖が過剰になる人もあれば、足らなくなる人もいます。アダプトゲンはこうした体の機能を正常化し、バランスの維持を助けます。これはアダプトゲンの非常に重要な特質です。

フリーラジカル防止
アダプトゲンの3つ目の重要な機能はストレスによって誘発されるフリーラジカルの低下です。フリーラジカルは異なるストレス(エクササイズも含め)の副産物で、体内を巡って細胞レベルで体を破壊するものです。アダプトゲンは様々なストレスの二次産物であるフリーラジカルの生成を防ぐのに役立ち、体が過剰に破壊されるのを防ぎます。

要するにアダプトゲンは体が現代の生活のストレスに適応するのを助ける効果的な道具となります。そしてストレスによって体が圧倒されてしまう前に正しく使用すれば、医薬品の自然で安全な代替物としてストレス関連の疾患の治療に使うこともできるでしょう。特に症状がはっきり現れる前に使えば効果があると思われます。最後にアスリートはコンテストや高強度なトレーニング前のストレスの多い時に、パフォーマンスレベルの維持や向上のためにアダプトゲンを使用することができます。

一番効果的なアダプトゲン
アダプトゲンとして知られるものは数多くあり、その多くが東欧や他のアジア諸国にしかないものですが、ここでリストアップするものは日本で入手でき、食品の成分として認可されたものでばかりです。

#1: ロディオラロゼア

ロディオラロゼア(イワベンケイ)はロシア、スカンジナビアその他の国々の伝統医学で、身体的持久力と仕事の生産性の増大や疲労とうつ病の治療に何世紀にもわたって使用されてきました。ロディオラロゼアはおそらく西欧諸国のアスリートの間では最もよく知られ、広く使われているアダプトゲンでしょう。上に説明したとおり、ロディオラロゼアはストレスホルモンに対して他の効果的なアダプトゲンと同じ作用メカニズムを有しますが、ユニークなのはモノアミンとオピオイドの合成、輸送及び受容体活性にも中心的及び末梢的に作用してアダプトゲン効果を発揮するらしいことです。慢性ストレスはHPA軸の負担を高めますが、急性ストレスはまずモノアミンとエンドルフィンのレベルにインパクトする傾向にあるため、ロディオラロゼアは常用して除々に作用する他のアダプトゲンとは異なり、急性に作用してストレスの副作用を撃退します。この特質のため、ロディオラロゼアはストレスの多い状態やコンテストの直前の使用に適しています。また、ロディオラロゼアは常用する必要のある他のアダプトゲンとの併用に最適です。

ロディオラロゼアサプリメント最新研究によるエビデンス

- 持久力エクササイズ能力の改善
- エクササイズと併用すると脂肪減少を促進
- 高強度エクササイズ中の回復時間の短縮
- メンタルな仕事能の増大と精神的疲労への抵抗力促進
- 疲労減少と軽度のうつ症状の軽減
- 運動神経と反射神経の改善
- エネルギーアップとATP、リン酸クレアチン貯蔵の増大

ロディオラ サプリメントの買い方

ロディオラロゼアの良質製品を買うには、少なくともロザビン3%、サリドロシド1%かそれ以下に標準化してある製品を選びましょう(これらの物質は3:1の比率で天然に存在します)。またほとんどのリサーチに使用された原料はロシア産で、市場に溢れている中国産の原料ではないことも銘記すべきです。原料サプライヤーによるテストの結果では、中国産はロシア産に比べロザビン含有量が少なく、サリドロシド含有量が多いことが分かっており、効果が少し劣る可能性があります。ロディオラロゼアの1日用量は170〜300mgとなっています。


#2: コレウスフォルスコリ


コレウスフォルスコリはインド原産のミントに属する植物で、何千年も前からインドの伝統医学アーユルベーダで使用されてきたものです。そのアーユルベーダ医学が説いてきた事実が最近の研究で確認され始めています。フォルスコリは体脂肪の減少、除脂肪筋量の増大、テストステロンレベルの最適化、そして安定感の促進などに役立つ天然のハーブサプリメントです。フォルスコリは栄養サプリメントとして非常に期待されているため、高度に標準化された抽出エキスは体重管理と除脂肪体重を増大する物質としてその主要メーカーが特許を取得しています。フォルスコリの主要メカニズムはcAMP(環状アデノシン一リン酸)のレベルアップを介して作用するものです。その結果一連の生化学反応が起こり、貯蔵体脂肪の燃焼促進とテストステロン生成の最適化を導きます。フォルスコリサプリメントについて、ある臨床試験では50mgの活性フォルスコリンが体重と脂肪量を有意に低下し、除脂肪筋量を有意に増大することが明らかにされています。しかも普通の食事やエクササイズプログラムを変えないで行った結果です。

フォルスコリサプリメント最新研究によるエビデンス

- 除脂肪筋量の増大
- エネルギーとして利用される貯蔵脂肪動員の増大
- テストステロン生成の前躯体、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の強化

フォルスコリサプリメントの買い方

主要臨床試験では活性成分フォルスコリン含有量を最低50mgに標準化したフォルスコリが使われているため、被験者が経験したような有益効果がサプリメントから得られないことがあります。サプリメント購入の際は、1日の推奨用量に少なくとも50mgの活性成分フォルスコリンが含まれているかどうか確かめましょう。これは品質の良い製品ではラベルや製品説明書に明記されています。最も高級とされているフォルスコリの特許エキスはサビンサ・コーポレーションのフォルスリーン(Forslean®、商標名)です。

#3: アシュワガンダ

アーユルベーダでは昔からの若返りのハーブとして知られているアシュワガンダ(インドジンセン)は、現代になって試験で何度もそのアダプトゲンとしての可能性が証明されています。動物実験では身体的及び化学的なストレスへの適応を促進し、副腎の肥大やコルチコステロンの枯渇を抑制する作用が示されています。アシュワガンダは強力な抗酸化作用、免疫刺激とアナボリック作用を持つと思われ、これらはすべてストレスのカタボリックプロセスの進行中には特に重要です。

アシュワガンダサプリメントの最新研究によるエビデンス

- うつ病、疲労、倦怠、不眠の症状の改善
- 精神運動パフォーマンス向上には朝鮮人参よりも効果的
- 朝鮮人参よりアナボリック活性が強い
- 関節の炎症を抑制
- 脳と肝臓における抗酸化作用

アシュワガンダサプリメントの買い方

どんなハーブサプリメントでも、活性成分が最も多く含まれているものを選びましょう。質の良いハーブ製品はエキスが標準化してあり、各活性成分の最低純度と力価が保証されています。アシュワガンダの場合、活性成分はWithanolidesと呼ばれています。少なくとも1.5%のWithanolidesを含むエキスを選んで下さい。Withanolidesのうち最も重要と考えられているものはWithaferin-Aと呼ばれています。Withaferin-Aの含有量が少なくとも0.25%に標準化されているかどうか確かめましょう。標準化されたアシュワガンダエキスの有効用量は1日250mgとなっています。


#4: バコパ


バコパモンニエリ(ブラーミとも呼ばれる)は、アーユルベーダ医学では神経、脳細胞、精神の活性化や副腎の強化、血液の浄化などに用いられています。動物ではバコパは感覚神経、運動神経系を改善することが明らかにされており、ヒトにおいては不安感や精神的疲労に関連するメンタル機能に有益効果があることが示されています。またCNSとストレス反応への効果はガンマアミノ酪酸とコリン作用系を介して調整されると考えられます。バコパには朝鮮人参と同じアダプトゲン効果がありますが、他のアダプトゲンにはない学習能と記憶力の改善などのユニークな有益効果もあります。

バコパサプリメントの最新研究によるエビデンス

- ストレスマーカーの改善は朝鮮人参と変らない
- 視覚情報の処理能力、学習速度、記憶力の改善
- 脂肪減少に有益な甲状腺活性の向上

バコパサプリメントの買い方

最高のバコパ製品はA&Bバコシドと呼ばれる活性成分が少なくとも20%に標準化されています。人体実験のほとんどは1日300mgを使用したものです。高品質標準化製品の一つには商標名バコピン®と呼ばれるものがあります。このアダプトゲンは急性効果が少なく、認知機能への有益効果は長期間に培われるものなので、1〜2ヶ月の使用がオススメです。




注:
 これらのパワフルなアダプトゲンを最高の力価と純度、適切な用量で含んでいる製品はハレオスポーツの新製品、アダプトです。アダプトは今市場に出回るうちでNo.1のアダプトゲンサプリメント。最も効果的なアダプトゲンのスタックを含有、その相乗パワーが一つの革新的フォーミュラになりました。

 

 

 

HaleoSports[ハレオスポーツ] アダプトのご注文はこちらから



最新号 バックナンバー CBTエキスパート トレーニング カロリーカウンター
BASIC BBS CLUB BP メールマガジン登録 オンラインショッピング リンク集